本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

本日のひとりごと ノブタクコンサート

2024-05-16
5月11日、なかなか聞けない話シリーズ4、ノブタクコンサートを開催しました。

 「特異を得意に」のコンサートは、演奏とトークショウがセットとなり、ノブタクさんにしか奏でられない素晴らしい音色でした。今は「笑って話せる」とおっしゃるお母さんによるお話の数々は、本当に壮絶と言える大変な苦労や葛藤があったからこそで、そのご両親からの愛の結晶とそれに応えるノブタクさんの美しい気持ちがハーモニーとなり、聞く人に感動を与えるコンサートだったと感じました。



 私たちが理解できる事は彼らには理解無いけれど、彼らに理解できる事を私たちは理解できない、と。 例えば記憶力が良い彼らにとって、何ヶ月何日前に○○をしましたと正確な日にちを覚えていたり一度通った道は忘れないし、毎日の練習ルーティーンはどんな時でも必ず行うことができるのに、何故これができて、これができないのか不思議です。 一方彼らから見れば、どうしてこんなに簡単な毎日のルーティーンができないの? 一度通った場所なのにどうして行けないの? 何度読んでも覚えられないのは何故?と感じているのでしょう 

ピアノの練習の賜で、早いタッチと一度見ただけで正確に記憶できるタクさんにとって、超絶正確で早い特性が仕事に生かされてPC入力仕事に就いています。でも「シュレッダーをかける仕事が1番好き」と言う所は、タクさんのこだわりの強さの一面ですが、逆に微笑ましい気がしまました。

また、鉄道マニア(乗り鉄?)のノブさんのGH入所の決め手は、大好きな電車が見えるから!と言う事で、母としてはちょっと寂しい、と。 でも入所してからの自立度はアップし、バイオリンの音がより良く変わったと

凄いなぁ…


タクさんのお母さんは、障がい者のコンサートに出演して、色々な障がいがあって素晴らしいと認められ、その後オリンピックの聖火ランナーで活躍したり、ファッションショーにも出られたり・・・

自閉症の特異は、間違いなく彼らの得意になっていると感じました。


伝えきれない感動溢れるコンサートでした。

                 風子



 

本日のひとりごと (がんカフェ)

2024-05-07
                     文章と写真は関係ありません
 抗がん剤による副作用様々様々様々あり、それは本人にしかわからない辛さです。
その中でも、口内炎や口の中にできるカンジタ(カビの一種)の辛い症状でお悩みになる方は多く、今回の参加者の方々からも口腔ケアや治療の経験談やいろいろな話が出ました。
以前Aさんががんの手術前に、体の術前チェックしに来る医師よりも奥歯の様子を見に来る医師の方が多く、エエエっと歯の大切を改めて感じたという話をこのブログで上げましたが、今回も治療をしても副作用が関係しているのせいか中々治らなかったり、虫歯になりやすくなったり・・・一方コンビニと同じくらい件数が多い歯医者さんですが、治療方針にバラつきがあるようで同じむし歯でも抜く医師と抜かない医師がいて、何を信じればよいのだろうか…等々、歯の健康は副作用と同じくらい切実な問題です。
 余談となりますが8020はもとより最近では、全身麻酔で手術を受ける際に気管のチューブを通して肺に入り込んだ口の細菌が術後肺炎の原因となることが考えられ、術前の口腔のケアが注目されていますし、歯周病と糖尿病の関係も判明されてきています。

皆さん、今回のキーワードはです、歯は健康の元です

                  風子




本日のひとりごと(おや親カフェ)

2024-04-23
       事務所で2年越しの欄が咲きました
合理的配慮 今年度から義務化されたものですが、・・・簡単に説明すると 
「障がいのある方が日常生活や社会生活を送る上で生じるの困りごとを、周りからのサポートや環境の調整によって軽減或いは解消するために社会全体で対応していくことです。 それは、すべての人の人権が守られることとも言えると思います。
 東葛地区にある公立小中学校の中には、教育者として逸脱したと思われる様な理不尽な教育(?)を続ける先生が居てそんな環境に馴染めず、結果不登校になってしまうお子さんが増えていると聞きます もっと子どもの心に添った教育だったら、人権を守るという合理的配慮がなされていれば、もしかしたら不登校児は減るのではないか?と今回のお母さんの話を聴きながら感じました。 
勿論、本当に子どもの成長を願い熱くエネルギッシュな先生も大勢いらっしゃると思いますが、中には忙しい日々が続きエネルギーが減ってしまい、ある日突然いなくなってしまう先生もいるとかいないとか…私が学生だった昔は、教師になりたい学生はたくさんいたのに、最近ではなりたくない職業のトップ(ワースト)5には常に入っているようです。
子どもは大人の鏡ですから、教師に憧れるような時代は戻ってくるのでしょうか?  なんだかなぁ~と感じてしまいした。

             風子

新年度 オレンジの風

2024-04-17
新年度。オレンジの風に新たなメンバーが加わりました。
活動室で記念撮影
ぶるーむの森の入り口の、満開の桜の木の下でお花見です。
2024年度、オレンジの風に、ピンク色の桜の花と春風とともに、素敵なメンバーが加わりました。
新メンバーの朗らかな笑顔に、先輩メンバーもスタッフも、思わず顔がほころびます。
今年はお花見もできて、素敵な春になりました。

                                     オレンジ Hos

本日のひとりごと がんカフェ

2024-04-08
     ソメイヨシノと花桃(ぶるーむの森)
      参加者の方から時々お土産を頂きます     優しいリンゴの味が広がりました
辛くて苦しい時や悲しい時は、気持ちは弱くなってしまい、時としてねじ曲がってしまうことがあります
特に家族や自分に近ければ近い人に対して、優しさにムカついたり、求めていることと正反対の事を口にしたり、何故そんなことも分かってくれないの?とイラついたり…気持ちがグチャグチャになり、辛さがわかっているからこその励ましの言葉はトゲが刺さってしまったような辛さです。

そんな時、ご家族だからこそ励ますのではなく、トントントンと優しく心にノックをしてあげてください。
「そうだょね!」と「どうしてる?」って、その一言だけ、隣にいるだけでいいのです

ふうっと心が和む、魔法の言葉です。

ご本人でも、ご家族でも、ここにいらして何かのヒントが見つかれば、と思います。

            風子


社会福祉法人ぶるーむ
〒277-0085
千葉県柏市中原1817-1
ぶるーむの森
TEL.04-7136-2324
FAX.04-7163-5824
ぶるーむの風
TEL.04-7128-4135
FAX.04-7128-4136
ぶるーむの風診療所
TEL.04-7128-4133
FAX.04-7128-4133
 
TOPへ戻る