本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ぶるーむの横顔5 (ぶるーむ図書から)

2021-09-22
新着本のお知らせ
 と言えば(ってか、一年中ですが)食欲の秋と真っ先に頭に浮ぶ私ですが、読書の秋!、芸術の秋!スポーツの秋!・・・と言う方も多いと思います。
そこで、読書と芸術とが一度に適うような、今月のぶるーむ図書の新着本のご紹介です。

一つ一つの作品の素晴らしさに驚きと感動をおぼえますが、その作品の題名と一言が、作品の魅力を一層輝かせます。
著者によると、リトさんは物忘れが多く、不器用で要領が悪く仕事ができずに長年とても悩んでいらしたようです。病院でADHDの診断を受け、その特質を生かすべく辿り着いたのが創作活動、アートだった、と。試行錯誤の末、2020年に独学で葉っぱの切り絵をスタートして毎日TwitterやInstagramに投稿するようになり注目を集めたようです。どの作品も甲乙つけがたいですが、ぜひお気に入りの葉っぱを探してください
の夜長、専用のカッターナイフを買って、切り絵から試してみようか?しら…
 
 二冊目は、ミニュチュア写真家 田中達也さんの「MINIATURE LIFE at HOME]です。
NHKの朝の連続テレビ小説『「ひよっこ」のオープニング』と言えば、あぁ~あぁ~と思う方も多いと思いますが、ミニュチュア写真家田中達也さんの10周年の記念作品集です。作者はもともと家にいるのが大好きなようですが、コロナ禍で家にいる時間がますます増えたそうです。視点を変えて改めて家の中を観察すると発見がいっぱいで楽しさに溢れている様です。
まず埃を発見しないように休日の昼間に拭き掃除をきちんとして、秋の夜長、発想を豊かにして家の中を観察してみましょう~と

三冊目は、松原惇子さんの「ひとりで老いるということ」です。この本は題名を読んでお分かりいただけると思いますが上記2冊とは違い、いずれは誰もが迎える死についての考え方のお話です。終活と言う言葉が認知されてきている昨今ですが、病院で亡くなり、葬儀場でお葬式をするのが当たり前の昨今では、死と言うものがどこか遠い存在になっていると思います。しかし死は必ず訪れます。そんな心構えとも言える内容で、老若男女どなたでも読める一冊です。若い方は若いなりに、お歳の方はお歳の方なに、その間の方は間の方なりに、全く違った感想となると思いますが、この1年半はコロナ禍で生き方や生きる事の意味を考えた方は大勢いらっしゃると思います。
秋の夜長、そう遠くない未来の死をどうするか考えるのも良いかもしれない

そんなわけで結構、秋の夜長短いものかもしれません
       
                     風子





オレンジの取組

2021-09-15
月に1度、第一土曜日にスタッフミーティングを開催しています。
ご利用者様のご様子、活動の計画、注意喚起などの確認はもちろん、
スタッフのスキルアップのための勉強会を行うこともあります。
この日はオレンジⅡにて、停電などの緊急時、車椅子で階段を下りる
避難方法の勉強会。各部署の熟練した職員の指導のもと、実際に
スタッフが乗った状態で階段を降りる避難訓練をしました。
知識や経験を備えることで、いざという時のご利用者様の安全を守る
そんな貴重な勉強会になりました。   オレンジ  Hos

オレンジ 秋先取り

2021-09-07
今日は気持ちがいいね。ドライバーさんと、ピースV!
オレンジⅠの姫と、オレンジⅡの姫がばったり。あら、ごきげんよう、お久しぶりですこと。
風が爽やかで気持ちいい日は、外に出よう!
9月にはいり、秋の長雨の合間に爽やかな風がふきました。
そんな日はすかさず外に出るオレンジメンバー。
花壇の草木を眺め、秋の風にふかれ、
普段は別々の活動室で過ごすオレンジⅠとオレンジⅡのメンバー同士が
ばったり!「あら久しぶり!」「会えて嬉しいよ!」と盛り上がります。
これから、ぶるーむの森も少しずつ秋が深まりますね。

オレンジ Hos

ぶるーむの横顔4 全員集合

2021-09-03
 真夏から一挙に秋色になった今週ですが、皆様お変わりありませんか?
コロナは次から次へと変異し、じわじわと忍び寄ってきて不気味さを感じる日々です。
そんな中、森と風にいる可愛い動物たちは3密も関係なく、ワイワイと集合しました
3枚目の画像は、風が強く吹いた翌日に駐車場に落ちていました。ドングリはまだアオイですが、何となく可愛くて写メしました。

 この動物たちが誕生したのは、去年の緊急事態宣言の発出された頃ですが、少しづつ増え、今では馬ばかりではなくイノシシ、ウサギやライオン、シカやトナカイ…フクロウと仲間が増えています(なんと!アマビエも一緒です)。
では、なぜ集合したかと言うと、実はお化粧(?)が少し必要になったからです。元気な動物たちですが、やはり真夏の強い日差しや風雨は想像以上に厳しく、足が折れたり、顔色がすっかり悪くなったり、倒れてしまっていたのです。今回、それに耐えうるべくN事務長とHさんが暑かった8月に奮闘して元気な姿に戻してくださいました。

 コロナ緊急事態宣言は果たしていつになったら解除され、終息に向かうのか??
今後私たちは今までの発想を転換し、いかにWITHコロナになれるかがカギになると感じます。  
動物たちもアマビエも元気になり、きっと応援してくれていることでしょう          
              
                   風子
2021-09-03
社会福祉法人ぶるーむ
〒277-0085
千葉県柏市中原1817-1
ぶるーむの森
TEL.04-7136-2324
FAX.04-7163-5824
ぶるーむの風
TEL.04-7128-4135
FAX.04-7128-4136
ぶるーむの風診療所
TEL.04-7128-4133
FAX.04-7128-4133
 
TOPへ戻る